楽譜が読めるってどういうこと?

上達の近道, 声楽, 楽典

生徒さんの中には、楽譜を読めない方もたくさんいます。

なので、楽譜を読めるようになりたい、とおっしゃる方もたくさんいるのですが、では、楽譜が読めるって、どうなることをイメージしているのでしょうか?

  • 音符の長さがわかること?
  • 音の高さがわかること?
  • その他の記号の意味がわかること?
  • 楽譜を見て音程がとれること?
  • 楽譜を見て曲のイメージがわくこと?

ピアノだったら、楽譜に書いてある音をピアノで弾けること、と答える人もいるでしょう。でも、歌は、楽譜が読めなくても、歌えますよね。

現代では、楽譜以上に、CDやYoutubeなどの音源が充実しています。歌に関して言えば、音を取るための手段は、楽譜ではなく、録音されたもの、の方が多いでしょう。楽譜を読める人でも、CDやYoutubeを聞いて、イメージをつかんでから楽譜を見る、という人もいると思います。そう、まず、耳で聞いてイメージをつかんでから、楽譜を読んでいるのです。

つまり、現代において、楽譜を見て曲のイメージをわかせる必要はないわけです。だって、音源があるのですから。

もちろん、音源がない曲の場合は、最初から楽譜を読んでいく必要がありますが、最近では、音源がないものの方が少ないでしょう?

以前は、楽譜が読めなければ、その曲がどんな曲なのかイメージがわきませんでした。その曲を歌うには、楽譜が読めなければいけなかったわけです。でも、今は、音源を聞けば、楽譜を読むよりもリアルに曲のイメージがわきます。

そう考えると、楽譜が生まれた中世の時代と現代では、楽譜の目的が違う、と思うのです。

では、その目的とは?

私は、「その曲を深く掘り下げるため」だと思います。

深く掘り下げる、とは、その歌を自分の歌に仕上げていくということ。

多くの人は、音が取れて、一通り歌えるようになったら終わりだと思っています。でも、本当は、そこからが本番。一通り歌えるようになったら、次は、楽譜を良く見て、どこでどのよう表現をするか、じっくり考えるのです。

  • このフレーズはこう歌いたい
  • このフレーズはここと対比させよう
  • 繰り返しがあるから、1回目と2回目は変えてみよう
  • この言葉を強調してみよう
  • このリズムはもっと鋭く表現しよう

などなど。すでに歌は頭に入っているし、曲全体の構成もわかっています。そのうえで、楽譜を見ながら、作戦を練っていくのです。

この作業をすることで、その歌が、聴いた音源の物まねではなく、自分の歌になっていきます。

この時間こそが、歌を歌っていて、一番楽しい時間だと思います。

いろいろな歌い方を試して、自分に落とし込んでいく。

思うように歌えなくてもどかしく感じることもありますが、こう歌うには、どうしたらいいのかなと考えると、発声法を工夫する必要があり、必然的に上達していきます。

楽譜を読めない、という人は、その苦手意識から、楽譜をじっくり見るということを怠っています。楽譜を読めるようになるために、何も、音楽理論の本を読んで勉強する必要なんてないんですよ。

それよりも、今、自分が歌った歌は、楽譜で書くとどうなっているのかなぁ、という視点で楽譜を見ていると、自然に読めるようになっていくと思います。

楽譜を読めるようになりたい、という人。楽譜を読めるようになることは、通過点であって、最終目的ではありません。楽譜を読むことで、「自分の歌を見つけること」。ここを目標に定めないと、いつまでたっても楽譜が読めないままですよ。