デイサービスで歌を教えてみて、思っていること

歌と健康

こんにちは、yukiです。

2年ほど前から、あるデイサービスで歌の指導をさせていただいています。

今日は、そのデイサービスに通うようになってから気づいたこと、感じたこと、そして、今、やりたいと思っていることを書きたいと思います。

歌った後はみんなにこやか

デイサービスで歌を教えていて、一番うれしいことは、歌っているとだんだんみんなの表情が柔らかくなり、にこにこ顔になることです。

歌を楽しんでくれている、と実感できるのはこの上ない喜びです。みなさんの笑顔に私自身がとても助けられています。

歌を歌うことで、実際に、血流がよくなったり、脳内ホルモンの分泌が活性化されたり、「音楽ハイ」になったりということは、科学的にも証明されていますが、

このような肉体的な変化が起こっていることを、毎回、実感して、人の体の不思議と歌の力の不思議に毎回、感動してしまうんですよね(*´▽`*)

認知症でも新しい歌を覚えられる

私は、デイサービスだからと言って、また、認知症だからと言って、参加者を子ども扱いしたくないと思っています。

みなさん、長年生きて、様々な経験をされてきた大人なのですから、歌も、子供っぽくではなく、ちゃんと大人の歌に仕上げたいと思っています。

もちろん、声量は出ませんし、音程も不安定になりがちですが、それと子供っぽいとは別の話です。

童謡を歌うときも、「子供の時はそれでよかったかもしれないけど、今は、大人なので、もう少しフレーズを感じたり、情景をイメージしてしっとり歌ってみましょう」という声かけをよくします。

そうすると、みなさん、それに応えて、それぞれに工夫してくださいます。応えようとしてくれることが、また、私にとってはうれしいんですよね(*^_^*)

とはいえ、認知症がひどい方や体がしんどい方はなかなか思うようには表現できません。それは当然です。

でも、不思議なのですが、自分が声を出せなくても、周りの人が歌っていると、自分が歌っているような気持ちになり、その人たちの表情も和らいでくるんですね。

もしかしたら、自分が歌っていなくても、その場にいるだけで、血流がよくなったり、脳内ホルモンの分泌が活性化したり、歌っているのと同じような効果が得られるのかもしれません。相乗効果、かな(´・ω・)?

その相乗効果(!?)を利用して、知っている歌だけではなく、知らない歌も取り入れるようにしています。

高齢者施設では、童謡・唱歌を始め、子供の頃に歌った歌を懐かしんで歌う、というのが定番ですが、あえて知らない歌に挑戦することにしたのです。

と言っても、どこかで聞いたことのあるような、簡単で馴染みやすい歌です。自分がうまく歌えなくても、音が取れなくても、周りの誰かが歌えば、少しずつ歌えるようになると思ったのです。

実際には、やはり認知症の人が多く、今日歌えても、次のレッスンでは忘れている、というのがほとんどです。そして、また、初めてのような感覚で音とりをして何とか歌えるようになったけど、次のレッスンではすっかり忘れている・・・の繰り返し。

ですが、これが単なる繰り返しではなかったんですね。3か月ほど経ったころ、その歌は、知らない歌ではなく、知ってる歌になっていました。

もちろん、全員が全員、覚えられるわけではありません。そこは、相乗効果(!?)で、周りの誰かが歌うと、自分が歌えている気になるんです。そして、誰かが知っていると、自分も知っている気になるのです。歌というのは不思議で、その気になると、自然と声が出てくるものなんですね。

一方で、音を取れる人や大きな声で歌う人が少ないと、相乗効果は起きないんですね。周りの人が歌えないと、びっくりするぐらい誰も歌えるようになりません。あちゃ~、という感じです(;^ω^)。本当にその時の参加者に寄るのです。

そういう時は、残念ですが、できるだけ皆さんの知っている歌を歌って、楽しい、という気持ちの方を大事にしています。

でも、認知症だから新しい歌を教えない、というのは、違うと思うのです。新しい歌に挑戦する、という刺激を大事にしたいと思うのです。

ある参加者さんからいただいた、うれしい言葉があります。それは、「90歳になって初めて覚えた歌だわ」という言葉。うんうん、これからもたくさん新しい歌を覚えましょうね(≧▽≦)。

もう少し若い世代の人が気楽に歌うゆるいサークル

デイサービスでの歌の指導は、私にとって楽しみであり、勉強になることがたっくさんあります。

「皆さんに楽しんでもらおう、少しでも癒しになれば」と思っていますが、私の方が癒されて、楽しませていただいています(;^ω^) 

みなさん、いつもありがとうございます<(_ _)>

一方で、施設を利用していない人、あるいは、もう少し若い世代の人たちが、気軽に歌える場があるといいのになぁと思うようになりました。

カラオケではなく、合唱団に入ってしっかり稽古する、というのでもなく、個人で歌の先生に習う、というのでもなく、う~ん(-ω-)

気軽におしゃべりしに行くような感覚で、歌ったり、音楽を感じる場、なんというか、コミュニティのようなところがあるといいなと思うのです。

単におしゃべりで終わってしまうのではなく、ゆっくりペースで上達が感じられ、リズム感や体力をつけていくような、ゆるいサークルのような環境です。

もしかしたら、そういうサークルがもうすでに存在して活動をしている人達がいるのかもしれませんが、ちょっとよくわからないので、

私の身近に、そんな場を作ってしまおう!と企んでいます( ̄▽ ̄)。

どういう形にしようか、どこでやろうか、何からやればいいのか、まだまだはっきりしないことだらけですが、とりあえず、始めてみよう!

というわけで(‘ω’)ノ

詳細や進捗状況は、このサイトで随時お知らせしていきますので、応援していただけたらとうれしいです(*’ω’*)

街のあちこちから、歌を練習する声が聞こえてきたら、素敵だなぁ(*´ω`)

家族で重唱してる歌声が聞こえてきたら、素敵だなぁ( *´艸`)